Home

The National Peanut buying Point Association

【ピーナッツ】

【ピーナッツ】

ラッカセイ(落花生 Arachis hypogaea)は、マメ科ラッカセイ属の一年草。別名はナンキンマメ(南京豆)、方言名は地豆(ぢまめ、ジーマーミ)、唐人豆(とうじんまめ)、異人豆(いじんまめ)など。中国語は花生。福建語・台湾語は土豆。英語名のピーナッツ、peanutは日本では食用とする種子を指す場合が多い。ground nutともいいます。

南米原産で東アジアを経由して、江戸時代に日本に持ち込まれたと言われています。

日本では主に食用として栽培されています。草丈は25-50cm。夏に黄色の花を咲かせます。受粉後、数日経つと子房柄(子房と花托との間の部分)が伸びて地中に潜り込み、子房の部分が膨らんで結実します。地中で実を作ることからラッカセイの名前が付けられました。

ラッカセイの原産地が南アメリカ大陸であることは確実であると言われています。最も古い出土品は、紀元前850年ころのペルー、リマ近郊の遺跡から見つかっています。その後、メキシコには紀元前3世紀までに伝わっていました。

南アメリカ以外の世界にラッカセイの栽培が広がったのは16世紀です。西アフリカ-ブラジル間の奴隷貿易を維持するためにラッカセイが用いられ、そのまま西アフリカ、南アフリカに栽培地が広がっていきます。ほぼ同時期にスペインへ伝わったラッカセイは南ヨーロッパ、北アフリカへと渡っていきます。さらにインドネシア、フィリピンへの持ち込みもほぼ同時期です。現在の大栽培地インドへは19世紀と比較的導入が遅かったと言われています。日本には東アジア経由で1706年にラッカセイが伝来し、南京豆と呼ばれていました。日本で最初に栽培されたのは神奈川県の大磯町です。現在の栽培種はこの南京豆ではなく、明治維新以降に導入された品種です。

食べる時は、殻のまま炒めるか殻からむいたものを炒めます。もしくは炒った後にバター(またはパーム油など)を絡めます。また、殻のまま塩茹でにすることもあります。

中国では八角などの香辛料を加えて塩茹でする方法や、油で揚げてから塩をまぶす方法も一般的です。加熱したピーナッツの外側に砂糖をまぶしたり、小麦粉の衣を付けて揚げたような豆菓子やチョコレート菓子などの加工品も一般的です。千葉県の名産品には「落花生の甘納豆」が存在しています。他には、砕いて団子の中に入れる餡にしたり、揚げせんべいに加えられたりもします。

油脂含有分が高く、ピーナッツ油が製造されている。またサラダ油、マーガリン、ピーナッツバターの原料にもなります。

甘辛く味つけた味噌で炒ったラッカセイをあえた惣菜を「味噌ピー」と呼びます。味噌ピーはラッカセイの主産地である千葉・茨城(およびそれらの地域からの出身者が多い東京)ではポピュラーな惣菜で、スーパーの惣菜コーナーなどでも売られています。

沖縄県ではジーマーミ(地豆)とも呼び、これを使ったジーマーミ豆腐というのもある。ごま豆腐に似た食感のものです。北海道・東北地方・千葉県の一部では節分の豆まきで殻付きの落花生を用いる地域もあります。ラッカセイ(ピーナッツ)の薄皮には、レスベラトロールが含まれ、薄皮ごと食べるほうが健康に良いと言われています。

【レスベラトロール】

【レスベラトロール】

レスベラトロール(英語:resveratrol)はスチルベノイド(スチルベン誘導体)ポリフェノールの一種。系統名は3,5,4′-トリヒドロキシ-trans-スチルベン。いくつかの植物でファイトアレキシンとして機能しており、またブドウの果皮などにも含まれる抗酸化物質として知られています。

1939年、北海道帝国大学の高岡道夫により有毒植物バイケイソウ(Veratrum album)から発見され(有毒成分ではない)、レゾルシノール(Resorcinol)構造を有することから命名されました。

レスベラトロールは赤ワインに含まれることから、フレンチパラドックスとの関連が指摘されており、心血管関連疾患の予防効果が期待されています。

レスベラトロールは寿命延長作用の研究が、酵母、線虫、ハエ、魚類で報告され、2006年、「Nature」にてヒトと同じ哺乳類であるマウスの寿命を延長させるとの成果が発表され、種を超えた寿命延長作用として、大きな注目を集めました。

マウスなどのモデル生物・実験動物を用いた研究では、寿命延長・抗炎症・抗癌・認知症予防・放射線による障害の抑止・血糖降下、脂肪の合成や蓄積に関わる酵素の抑制などの効果が報告されています。

ヒトにおける試験では、血圧が高めの被験者において、血管拡張反応を改善し、動脈硬化を防ぐことや、脳の血流量を増加させることで認知症を予防する可能性が報告されています。
また、健常者に対しても、レスベラトロール2.5gを28日摂取した結果、有意に血中の増殖因子IGF-1やその結合タンパク質IGFBP-3の減少が認められ、乳がんや肺がんのリスクを低減する可能性が報告され、健常者にレスベラトロールを250mg又は500mg摂取後、45分以降で濃度依存的に前頭葉の血流の亢進が認められ、脳機能の改善に役立つと報告されています。

2011年、ヨーロッパの研究チームが肥満男性にレスベラトロールを投与したところカロリー制限をしたのと同等の効果が得られました。肥満男性11人と健康な男性11人を対象に、レスベラトロール(150mg/日)のサプリメントとプラセボ(偽薬)を用いて二重盲検比較試験を実施したところ、レスベラトロールを30日間服用した後に、エネルギー消費、代謝率、血糖値、血圧は低下し、肝臓に蓄積した脂肪は減少していることがわかった。

一方、サーチュイン活性化物質の開発を推進するSirtris社はレスベラトロールには効果がないとして臨床開発を断念しており、レスベラトロールが肥満や加齢に関連した代謝性異常を改善する効果があるかどうかを立証するためには、さらに多くの調査が必要と考えられます。食品では赤ブドウの果皮と赤ワインなどに含まれます。

ピーナッツの皮、イタドリ、インドネシアの植物メリンジョなどにも含まれています。また現在はサプリメントとしても市販されており、アメリカを中心に市場を拡げている。海外で主に使用されているレスベラトロール素材は、安価なイタドリ抽出物であるが、日本では、イタドリ抽出物は医薬品区分に含まれるため、違法サプリメントとなります。

【フレンチパラドックス】

【フレンチパラドックス】

フレンチパラドックス(英: French paradox)とは、フランス人が相対的に喫煙率が高く、飽和脂肪酸が豊富に含まれる食事を摂取しているにもかかわらず、冠状動脈性心臓病に罹患することが比較的低いことが観察されていることを言います。フレンチパラドックスの用語は、フランスのボルドー大学の科学者であるセルジュ・レナウド博士による造語です。

赤ワインが心臓疾患の発生率を減少させることを推定したこのパラドックスの説明が、1991年に米国の「60 Minutes」で放映されたときは、赤ワインの消費量が44%も増加し、いくつかのワイナリーは、製品に「健康食品」のラベルを付ける権利の獲得のためにロビー活動を始めました。

WHOにより提示された1990年から2000年の統計情報は、フランスで心臓病の発生率が過小評価されている可能性があり、実際には近隣諸国の発生率とあまり変わらないかもしれないとし 、食物研究評価の著者は、飽和脂肪酸の消費と冠動脈心疾患リスクとの間に因果関係を確立するためには十分な証拠はなかったと結論付けました。

【サーチュイン遺伝子】

【サーチュイン遺伝子】

サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または長生き遺伝子、抗老化遺伝子とも呼ばれ、その活性化により生物の寿命が延びるとされています。サーチュイン遺伝子の活性化により合成されるタンパク質、サーチュイン(英語:Sirtuin)はヒストン脱アセチル化酵素であるため、ヒストンとDNAの結合に作用し、遺伝的な調節を行うことで寿命を延ばすと考えられています。

この様なサーチュインの作用メカニズムはマサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテのグループが1999年に見出しました。酵母のSir2遺伝子がヒストン脱アセチル化酵素であることを見出し、この酵素の作用が代謝や遺伝子サイレンシング、加齢に関与していることを示唆しました。

サーチュイン遺伝子による寿命延長効果は酵母、線虫、ショウジョウバエで報告されているが、これらの実験結果を否定する報告もあり、まだ確定した効果とは言えない状況です。

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top